キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 任意売却と競売の違い : 任意売却ピックアップナビ

任意売却と競売の違い

任意売却ピックアップナビ

任意売却が競売と違うところは、売却価格が高い、資金の持ち出しがない、残った債務の交渉ができる、退居日を決められるなどです。

任意売却ピックアップナビのメイン画像

任意売却と競売の違い

ローンが返済できなくなったらどうするか?その手段は人によって様々だと思いますが、持ち家を処分して返済するという場合、任意売却するということになりますが、この任意売却というのは競売、家を手放すという状況においては同様であり、何が違うのでしょうか?

まず、任意売却と競売の最も大きな違いというのは、その売却価格です。

任意売却の場合は、その時の市場価格で売却を望めますが、競売の場合は五割から七割と、市場価格の半分になってしまうということもあります。

借金を完済させたいと思っているのであれば、当然、任意売却の方が有利であるということです。

通常不動産売却のために不動産会社への仲介手数料などの費用がかかりますが、任意売却の場合、債権者から支払われるので資金の持ち出しをしなくてもOKです。

よって、ローンの精算をよりできるのは任意売却であり、残った債務についても返済計画を立てるなどの交渉をすることができるのも任意売却になります。

そして、任意売却というのは、退居する日をある程度決めることができますが、競売の場合は強制執行させられることもあります。

引っ越し代についても競売の場合は捻出することができないのでかなり厳しい状況となります。

また、家を売却するという事実について、任意売却であれば詳しい事情を近所の方に知られることがありませんが、競売の場合は近所などで噂になってしまうなど知られてしまう可能性があります。

Google
www を検索 任意売却ピックアップナビを検索
(C) www.findcollege4you.com. All Rights Reserved.